自宅サーバの費用あれこれ

はい、kenjidctです。

本当は記事一番下のURLを貼るために書いてるんですが、それだけでは申し訳ないので
自宅サーバと他のサービスを比較してみます。(興味がなければすっ飛ばしてください)

構成はCPU:8コア、メモリ:16GB、DB領域にSSD、転送量を受信500GB、送信500GBとして
比較対象はクラウドとVPSで考えてみます。

クラウドはAmazonさんやGoogleさんなどを筆頭に幅広いスペックを選択でき便利ですが、従量制なのでとても高くつきます。
先ほどのスペックをざっくりAmazon AWSで試算したところ、550ドル/月程度になりました。
日本円で約6万円/月です。

VPSはあまり知らないのですが、クラウドよりははるかに安価で済みます。
ただ、それでも8コアとなると結構かかるようです。
日本ではさくらのインターネットが有名ですが、先ほどのスペックで調べると16000円/月程度かかります。

自宅サーバの場合、電気代、ドメイン代、プロバイダ代、ハード費用などが主な費用だと思います。
それでも5000円/月とハード費用ですから、他と比べるとかなり安く見えます。
ただ、低コストで済む分、停電や火災のリスクもありますしハード故障やセキュリティ面やデータのバックアップなどメンテナンスは全て自分で行う必要があります。

費用があまり出せず、スペックをあまり必要としないサービスを行うのであればVPS、
費用が用意できるのであればクラウド、低コストで運用し、手間とリスクを負えるのであれば
自宅サーバという感じでしょうか。

↓維持費は全て自腹なのでお気持ち程度でもかなりありがたいです

【Amazonギフト券】


受取人の欄に
「kenjidct@gmail.com」を入力
15円から50万円

【PayPal】

1000円から

月300円(PayPal会員登録が必要)

【ビットコイン】
各ウォレットから 1GbnCQTuLoto3rDkKQNjeTn1ksarfNH2j7
宛に送信